MacBookシリーズにおけるバッテリーの落とし穴

現在、MacBookに乗り換え、もしくは購入を検討されている方に
是非ご一読いただきたい内容を下記に記しました。
内容としてはApple製品のバッテリーに関する特徴、そしてAppleの顧客対応です。
デスクトップ型でなくノート型を選ぶ際、
バッテリーの性能は結構重要視されている方も多いかと思います。
もし、この部分が不良品だと結構困りますよね。
「Appleに限って不良品とかまさか」
「仮に不良品なら交換してくれるでしょ」
と思ったあなたに是非伝えたい。
AppleのHPに記載していない注意点をまとめてみました。
f:id:don-tknow:20171018025251j:plain

 

事の発端

私は昨年Macbook Proをサブ機として購入しました。
だけど実際はなかなか利用するタイミングがなく、
たまに使う程度で基本は使っておりませんでした。
そして2017年の夏ごろに事件が起きました。
ある日、バッテリーのアイコン表示がおかしいので確認したところ
「交換が必要です」
の文字が。
え、そんなに使用してないのにどういうこと?
さっそく、自分のバッテリーの充電回数を調べました。

参考サイト:

support.apple.com

すると充放電の回数は58回と記載がありました。
え、たったこれだけで交換が必要っておかしくない?
さらに上記のリンク先を読み進めると
自分のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)の最大充放電回数は
「1000回」
と記載されておりました。
f:id:don-tknow:20171018024035p:plain
なんと、AppleのHPでMacbookは1000回充電できると謳っているところ、
たったの58回しか充電できていないだと!?
Appleの製品保証であるApplecareには加入していなかったため、
保証期間は切れていましたが明らかにバッテリーの不良品だと思い、
Apple Storeに確認してきました。
ー以下、そのやりとりー
Apple担当者「1000回と公表しているがこれはあくまで目安なので
実際はもっと短くて交換が必要と表示が出る場合もあります」
予想通りの答えですねー。
私「それはわかりますが、1000回のところ、たった58回しか
充電してなくて交換必要と出るんですか?流石にこれは不良品では?」
Apple担当者「いえ、特にバッテリーの膨張など起きていないので
不良品ではありません
過去、iPhoneでも無償交換プログラムというのがHPに記載があるのですが、
バッテリーが膨張したりとユーザーの危険が及ぶ場合に限り、
無償交換をしていました。
要は、それぐらいの危険度がないと交換しないってことですね。
Appleの担当者「これを解決するのに最適な方法としてバッテリーの交換があります」
おいおい、まさか。。
私「それ、私がお金を払うんですよね?」
Apple「(さも当然そうに)はい
この時の店員の顔を見せてやりたい、
どのツラ下げて常識はずれなことを言っているのか。
なので当然こちらも言ってやりました。
私「それって解決策なんですか?この数値の違いについて説明できていませんが?」
驚くことにまたこのやり取りの冒頭に戻って、のおよそ40分ほど
堂々巡りをするっていう。

結論

どうやら
・この1000回の充電に対し、60回近くの充電で交換表示になっていることは
Apple Storeの直営店の店員ですら説明できない
・にもかかわらず、バッテリーの不良とは認めない
・バッテリーの不良は製品保証の1年で対応する
(つまり1年経過後の不具合はお客様起因として判断するんだとさ)
・これを改善するにはお客様負担で3万ほどの費用を払ってください
とのことらしい。
あまりの対応の酷さに
「ちゃんとしろ」
と大声を上げたら
Apple担当者「他のお客に迷惑です。警察呼びますよ」
と上席者がようやく登場。
で、ここにきてその上席者がいうには
Apple上席者「MacbookProのバッテリーはリチウムポリマーバッテリーのため、
利用していないと寿命がなくなるんです
後出しジャンケンかよ。なぜはじめにそれを言わない?
トラブルが起きてからこういう事を言う人って、その場をとりあえずなだめようとするだけの嘘つきが多くて信用できないですよね。
なので言ってやりました。
私「それ、HPの製品情報にも書いてませんよね?」
で、以下の言葉なんですけど、本当に耳を疑いました。
Appleの上席者「ええ、でもそれはみなさんわかっていることですよ
これがまたなんでアンタ知らないの?と言わんばかりの顔っていう。
忘れちゃいけないのが、これが上席者
さすが時代の先端をゆくAppleクオリティ。
私「は?じゃあいまこの店内のお客さんに聞いてみましょうか?
みなさーん!MacBook Proのバッテリーで・・・」
Apple「ちょっとお客様!警察呼んで!」
はい、その場はちょっと騒然となりましたね。
結果、私はAppleStoreを今後入店されないよう言われました。
いわゆる出禁ですね。

 

ここまで読んだ皆さんはどういう感想をもちましたでしょうか。
感想は人それぞれだと思いますが
・揉める状態まで上席者が現れないこと
・もめてから新たな情報を提示する
・Apple側の対応の不備から起きたことにもかかわらず、
少しでも事が大きくなれば即、警察を呼んだり出禁にする
というのはカスタマーサポートとして
(私も過去その業界にいたので余計に、かもしれませんが)
傲慢すぎるだろ、と私は思いますけどね。
とりあえずまとめるとAppleの製品と顧客対応については
以下のことが言えると思います
「MacbookProのバッテリーの特性として
使わない期間が生じているとバッテリーの寿命が短くなる」
にわかに信じがたい理屈で
世界の先端をいくAppleが不良品を出すわけがない
と思わせたいだけだと思いますが。
一応ネットでも調べてみましたが
ここのサイトが一番それっぽいことを書いているのかもしれません。
実際自分のMacbookProの使用は2年も経たないくらいで
あまり使ってない利用状況だとバッテリー交換となってしまいました。
仮にAppleの上席者の話が本当だとしても
それならそういう使い方をしないでくださいとかの注意喚起が必要ではないの?
商品紹介のHPに記載がないのもおかしいし、
なぜこのバッテリーを採用しているのか謎。
あと、これはネット上でも言われていることですが
本当に直営店のApple Storeの店員のあの横柄さ、傲慢さは
上席者からしてすでにちょっとアレなんだな、ということがよくわかりました。
しゃべり方、客に対する接客の姿勢、すべてが上から目線。
Apple製品はブランドイメージがいいから
高くても購入したい方はたくさんいるかと思いますが
このような特徴や体質であることを踏まえたうえで、
購入するかどうかを決めるのがよいかと思います。
長文お付き合い、ありがとうございました。

1 個のコメント

  • コメントを残す